×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カブトムシについて考えるサイト

カブトムシの概要


カブトムシ(甲虫、兜虫)とは、コウチュウ目(鞘翅目)・コガネムシ科・カブトムシ亜科・真性カブトムシ族に分類される昆虫の種の標準和名。より広義にはカブトムシ亜科 (Dynastinae) に分類される昆虫の総称。和名の由来は、大きな角のある頭部が日本の兜のように見えるため。夏の季語。 大型の甲虫で、成虫は夏に発生し、とりわけ子供達の人気の的となる。サビカブト属(Allomyrina)から独立した。


「昆虫の王様」とも呼ばれ、クワガタムシと並び人気の高い昆虫である。体長はオス30-54ミリメートル(角を除く)、メス30-52ミリメートルほどである。かつては日本最大の甲虫とされていたが、1983年に沖縄本島でヤンバルテナガコガネが発見され、その座を失った。 オスの頭部には大きな角があり、さらに胸部にも小さな角がある。この角は外骨格の一部が発達したもので、餌場やメスの奪い合いの際に使用される。ただし、角の大きさには個体差があり、体格に比例して連続変化を示す。これは幼虫時の栄養状態の優劣により決定される。クワガタムシの一部の種のような非連続変異やコーカサスオオカブトのような体格に比例しない長短変異は示さない。 カブトムシはおもに広葉樹樹幹の垂直面で活動し、付節先端の爪のみが樹皮上での占位に使用される。闘争に際しては相手をテコの原理で樹皮から剥がして投げ飛ばし、執拗な追跡や殺傷を行わない。比較的水平に伸びた太枝や大型草本上で活動する東南アジアのコーカサスオオカブトや、南米のヘラクレスオオカブト等とは、この点で大きく異なる。これらの海外種は飼育容器内でしばしばメスすらも執拗に攻め立て殺してしまうことがある。このような(日本の)カブトムシの勝敗決定は、飼育環境下でも明解である。


標高1500m以下の山地?平地の広葉樹林に生息する。とりわけ江戸時代から農耕利用目的で全国的に育てられてきた落葉樹の二次林に多い。本州以南から沖縄本島まで分布し、日本以外にも朝鮮半島、中国、台湾、インドシナ半島まで分布する。北海道には人為的に定着したものといわれている。 また、クワガタムシと同様に南西諸島等のサトウキビ栽培地域では、カブトムシ亜科に属する別種のサイカブトがサトウキビの農業害虫として駆除の対象になっている。桃園やリンゴ園といった果樹園でも農業害虫とされ、駆除の対象になっていて網を張るなど侵入対策が施されている。


カブトムシの成虫はクヌギ、コナラなどの樹液を餌にする。昼のうちにこれらの樹皮が傷つき樹液が染み出している箇所を見つけておき、夜から朝方にかけてそこに行くと、カブトムシが樹液をなめているところを捕まえることができる。見つけた樹木に蜂蜜や黒砂糖を煮詰めた汁などを塗っておくと効率良く集めることができるとされるが、実際カブトムシは樹液の糖分が樹皮の酵母や細菌によって発酵した産物であるエタノール(エチルアルコール)や酢酸などの匂いを頼りに餌場を探すので、酒や酢などを樹木に塗布する方法が良いとされる。このような液体人工餌を樹木に塗る採集法は1970 - 80年代の児童向け書籍などによく記されていたものだが、流れ落ちたり乾燥してしまい効力を発揮する時間は長くはない。ほかに、ペットボトルなどを切り抜いて造った容器に大量にそれらを注いで樹木にぶらさげたり、焼酎に砂糖を溶かした液に、皮をむいたバナナを漬け、2・3時間置いた物をストッキング等の網状の袋に入れて木にぶら下げておく、傷んだ果物を置いておくなどの方法もある。なお、成虫が集まる餌場は、スズメバチなどの他の昆虫の餌場でもある。日中はスズメバチが集まるため危険を伴う。このため、夜から明け方に掛けての採取が望ましい。 カブトムシを持つ際に頭部の角を持つと、カブトムシは足を大きく動かすために足を痛めることがある。また、頭部と胴部の間に強い負荷がかかる形となる。上から背中の横の部分を持つか、胸の小さい方の角を持つと負担が少ない。 走光性は無いが多くの昆虫と同様月光を飛翔の水平維持に用いているため、夜間灯火などの人工光源に誘引される。生息地近くの水銀灯や公衆トイレに飛来した個体を捕まえることもできる。高温多湿かつ無風で月が出ていない夜は特に飛来個体が多くなる。 一方、幼虫は林内や林近くの腐植土、キノコ栽培後の廃ホダ捨て場、あるいは農家が作成している堆肥を掘り返すと出てくる。春の早いうちならば大きな 3齢幼虫がいるので、幼虫を傷つけないよう注意しながら腐植土を掘り進めれば採取できる。カブトムシの幼虫の見分け方としては、大きなアゴ、頭のすぐ近くに足が生えていること、体の両脇には9つの気門、全体に細かい毛が生えている、などで見分けることが出来る。

聞きなれない言葉ですが特定看護師転職ランキングというサイトを初めて知りました。最近は看護師でもいろいろと分類されていて認定看護師なんていうのもあるんですね。

[PR] フラコラ フォトフェイシャル プロテイン 口内炎 口臭 中性脂肪 顔やせ 産み分け 脚やせ 高血圧 男性看護師



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』